トップ > 化粧品・コスメ・美容美顔器 > ハイドロキノンの美白効果と副作用について

ハイドロキノンの美白効果と副作用について

ハイドロキノンと美白効果について調べてみましたが、美白効果のある成分として化粧品などにも使用されているこのハイドロキノンですが、その効き目の強さからくる副作用もあります。

ハイドロキノンの漂白作用はかなり強力なので、メラニンの除去が過ぎて、白斑ができてしまうことがあります。特に、高濃度のハイドロキノンを、長期間使用した場合に、この副作用は出やすくなります。ハイドロキノンが化粧品に配合される場合、高くても4%までという濃度にされているのは、このような副作用のためです。それ以上の濃度のものは医療品に限られ、それでも10%までです。

白斑や褐色変性のといったハイドロキノンの副作用は、一度出ると元に戻らなくなってしまうので、要注意です。このため、ハイドロキノンの長期使用はすすめられておらず、長くても三ヶ月くらいまでとされています。ハイドロキノンは肌への刺激が強いので、敏感肌の場合、肌荒れという副作用が出ることもあります。最近では、ハイドロキノンが配合されていても、低刺激である化粧品なども出てきています。他に、ハイドロキノンを塗った部分が赤くなる、痒くなる、といった副作用があります。軽いものならば大丈夫ですが、副作用でかぶれを起こしたり、ハイドロキノンへのアレルギー症状がでたりした時には、皮膚科へ相談してください。また、しみの原因ともなりますが、紫外線から肌を守るためのものでもあるメラニンの生成を、ハイドロキノンは防ぐため、使用中は肌が紫外線に弱くなるのも、副作用の一つといえます。

美白効果が高いからといってやはりむやみな乱用はいけませんね。かならず専門家の相談とアドバイスにしたがって個人個人にあった利用の仕方を守るべきでしょう。ハイドロキノンの美白効果とその副作用の可能性について調べた結果はこれで終わりです、ご参考になさって下さい。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。
毎日のお手入れに欠かせない基礎化粧品から、高級高機能化粧品やコスメティックについて、あるいは自宅でエステができる美容器具、美顔器などの選び方や成分などの基礎情報をまとめてみました。
関連記事

エスティ ローダーの「アイディアル マット アクアクリーム コンパクト メークアップ SPF15」

エスティ ローダーのクリームフアンデーション「アイディアル マット アクアクリーム コンパクト メークアップ SPF15」のご紹介です。 商品名 アイディアル マット アクアクリーム コンパクト ...

ゲルマスーパースリミングジェル〜福島県裏磐梯のゲルマニウム水

「」のご紹介です。 南フランスのルルドの泉から湧き出る水は、ゲルマニウムを多量に含んでいるため、万病に効果があります。そのため昔から「奇跡の水」と賞賛されてきました。そのルルドの泉よりさらに高濃度のゲ...

ドクター・ショールの「メディキュット ヒッププラス」

ドクター・ショールの「メディキュット ヒッププラス」のご紹介です。 商品名 メディキュット ヒッププラス メーカー名 ドクター・ショール ブランド名 メディキュット 冷え性で足...

ニールズヤードの「セルライトブラシ」

ニールズヤード,セルライトブラシ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。2008年02月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。2008年02月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。2007年10月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。2007年10月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索