トップ > エステ・美容関連トピック > 形状記憶パーマとは?

形状記憶パーマとは?

形状記憶パーマってご存知ですか?

形状記憶合金というのは聞いたことがありますが、形状記憶パーマは・・

形状記憶パーマとは、別名をデジタルパーマとも呼び、適度に加温したロッドを使用するパーマのことです。

通常のパーマは髪が濡れるとウェーブが出て乾くと伸びるのですが、形状記憶パーマの最大の特徴は、乾くことによってウェーブが伸びずに、むしろ濡れている時よりも乾いてる時の方がクッキリとカール出るという点です。

濡れていても乾いていてもウェーブギャップが出ないので、お手入れも楽チンです。

シャンプーの後、髪が濡れている間はカールはあまり出ませんが、簡単に乾かすだけでアイロンやホットカーラーで巻いたような弾力のあるカールが再現されます。

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。

このケラチンの分子はシスチン結合(あるいはジスルフィド結合)と呼ばれる
硫黄原子同士の結合でハシゴ状につながれて、髪の毛の形状が保たれています。

通常のパーマでは還元剤と酸化剤という2種類の薬剤を使用します。

パーマをあてるときは最初に1液と呼ばれるアルカリ性の還元剤を髪にかけて、シスチン結合を切断し、ケラチン分子を柔らかくします。

髪の毛が柔らかくなった状態で、ウェーブをかけたり、逆にストレートにした後、次は2液と呼ばれる酸化剤を髪にかけて、シスチン結合をつなぎなおしケラチン分子を固定してしまいます。

形状記憶パーマでは、2液(酸化剤)を使用するかわりに熱でシスチン結合をつなぎなおし、髪の毛の形状を固定します。この際、髪にダメージを与えないように、ロッドの温度が高温にならないようにコントロールします。
(補助的に2液を使用することもあります)

トップの髪のボリューム付けがしたい方や、パーマがあたりにくい方に向いています。

いろいろおもしろくて便利なものがあらわれてきますね。

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。
エステ・美容・癒しに関する話題、トピックを拾っています。
関連記事

花粉症対策としてのスキンケアとお肌の手入れについて

花粉症は鼻のむずむず、くしゃみや目のかゆみなどに症状が激しく表れますが、ほかにも花粉症が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状があります。こうした花粉症による肌あれやかゆみ、炎症には、正しいスキン...

紫外線対策は子供のうちから?子どもの紫外線ケア」について行ったアンケート結果より

子供の紫外線対策,日光浴,母子手帳,公園デビュー,日焼け止めクリーム

倖田來未さんのメイク方法とは?

倖田來未,メイク方法

耳かきエステ、イヤーエステが今大流行

耳かきエステ,イヤーエステ,ゲルマニウム入りジェル,ファイバースコープ

更新履歴

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。2008年02月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。2008年02月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。2007年10月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。2007年10月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索