トップ > エステメニュー > リフレクソロジー > リフレクソロジーの方法「英国式」と「東洋式」の違いとは?

リフレクソロジーの方法「英国式」と「東洋式」の違いとは?

エステティックサロンメニュー〜「リフレクソロジー」のご紹介です。
「英国式リフレクソロジー」と「東洋式リフレクソロジー」と大きく2つの方式があります。

その違いを五山時でしょうか?

リフレクソロジーとは、足にある体すべての反射区(リフレクスエリア)に刺激を与えることで
心身を活性化することで心身の健康のバランスを整えるという療法で「反射療法」とも呼ばれています。

一般的に「足裏マッサージ」「足ツボマッサージ」「フットセラピー/フットケア」と言われている
こともあります。

足の裏は第二の心臓とも言われており、全身の各器官の反射区が集中しているところから
足の裏をマッサージすることによって足のむくみ、冷え性、便秘、肌荒れ、目の疲れ、肩こりなどの
解消だけではなく、心身のリラックスや血液やリンパの流れの促進、内臓の疲れを取り除き
デトックス(解毒)効果、代謝アップにより脂肪燃焼促進、ダイエット効果、アンチエイジング効果
があると言われています。

大きく分けて東洋式(中国・台湾式など)と西洋式(英国式など)に分かれています。


リフレクソロジーは、世界では中国や台湾などで普及している「東洋式リフレクソロジー」と、
アメリカ・イギリス・フランスなどで普及している「西洋式リフレクソロジー」の二つに大別されます。

「東洋式リフレクソロジー」と「西洋式リフレクソロジー」の大きな違いは、足裏を刺激する
その強さの違いにあります。


もともと東洋人は、「良薬口に苦し」という表現からも分かるように、痛みの強いものほど効果がある、
と考えますから、強い刺激を好みます。

そのため、東洋式リフレクソロジーでは指の関節や棒を使い時には激痛を伴う程の痛みで
刺激を行います。

これに対して、西洋人は、痛みはストレスであると考えますので、撫でるような刺激を好む
傾向にあります。ですから、指の腹を使って撫でるような刺激を行います。


「台湾式リフレクソロジー」

東洋医学をベースにした台湾式は、四千年の歴史を持つ世界最古の健康法と呼ばれる伝統療法で、
強い刺激を与えるのが特徴です。


「英国式リフレクソロジー

英国式リフレクソロジーの施術は、東洋式の比較的強い刺激を与える施術とは違い、こぶしなどを
滑らかにすべらせる必要がないためオイルは使いません。

目的はリラックスして頂くことにあり、施術を受ける人に緊張を与えるような強い刺激を与えません。

施術はサムウォークやフィンガーウォークという特殊な方法で、足の親指から小指までを細やかに
刺激します。


「タイ式リフレクソロジー

タイ式リフレクソロジーは、英国式や台湾式と比較して、ソフト過ぎず、痛すぎないのが特徴です。

足裏から膝下までのオイルとクリームを使った施術法とスティックを使って足裏のポイントを
刺激していくテクニックで、足裏の反射区を刺激します。

さらに足にあるエネルギーラインを指で刺激しますので全身のお疲れに作用し、リラックス効果が
あり、さらには足のむくみをすっきりと改善します。


エステサロンのメニューには、たいていリフレクソロジーに関して、これまで説明した
「○○式」という表記があります。

それぞれの特徴を理解して、お好みのメニューを選ぶようにして下さい。

この記事のカテゴリーは「エステメニュー」です。
エステティックサロンのメニューについて調べてみました。
この記事のカテゴリーは「リフレクソロジー」です。
エステティックサロンメニュー〜「リフレクソロジー」のご紹介です。「東洋式リフレクソロジー」と「英国式リフレクソロジー」とをご紹介します。
関連記事

リフレクソロジーの方法「英国式」と「東洋式」の違いとは?

エステサロン,メニュー,リフレクソロジー,英国式,東洋式

更新履歴

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。2008年02月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。2008年02月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。2007年10月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。2007年10月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索