トップ > アンチエイジング > アンチエイジング化粧品の成分や効果的な利用法について

アンチエイジング化粧品の成分や効果的な利用法について

アンチエイジング化粧品の成分や効果的な利用法について調べてみました。いつまでも若々しくありたいと思うのは誰もが願うことですが、アンチエイジングはそういう願いにかなえるために開発されているものです。

アンチエイジングとは、加齢による肌等の老化を予防して、いつまでも若く美しさを保つということです。ではアンチエイジングのためには、どのような化粧品を選べばよいか特に女性は気になるところですね。化粧品をうまく利用するとアンチエイジングの敵である肌の老化をかなり防ぐことができます。

アンチエイジング化粧品を効果的に利用するには、洗顔を忘れずに行う習慣をつけることです。顔の肌は他の部位とは異なり、空気中の埃や汚れなどをまともに受けて、さらに体内から出る皮脂や汗とも混ざり合っています。放っておくと吹き出物などの肌のトラブルの原因になります。清潔に肌を保つことが若さを保つ基本です。

アンチエイジング対策として最重要なのが紫外線対策です。紫外線は活性酸素を発生させ、肌の老化を進行させます。紫外線から肌をガードするために、日傘や帽子に加えて、必ず紫外線対策用の化粧品を用いましょう。紫外線対策用の化粧品は、紫外線を反射したり、紫外線を化学的に処理して肌への進入を防いでくれます。なお、化粧品成分の白金ナノコロイドは、すべての活性酸素を除去してくれるので効果的です。この紫外線は、冬も曇りのや雨の日でも、そして家の中にいてもガラスやカーテンを通して降り注いでいます。夏だけではなく1年中日常的にUVケアを行うことが大切です。

また、温度を調節する為にエアコンを効かせた部屋やオフィスなどの密閉されたところに1日中いると、肌の潤いはどんどん奪われてしまいます。 アンチエイジングに良くありません。11月頃から室内湿度が30%を切ることが都市部に多くあるようです。湿度が30%以下になると肌から水分が蒸発しやすくなります。乾燥対策の化粧品として、セラミド配合タイプの美容液がおススメです。セラミドは角質層の中に水分を閉じ込めてくれるので肌の乾燥を防いでくれるのです。さらに、アンチエイジング対策としてコラーゲンを増やせる化粧品を利用しましょう。

加齢によりコラーゲンが減少しますが、このコラーゲンの不足が肌の弾力性を奪ってシワ・たるみの原因となるからです。ビタミンC誘導体・レチノールなどがコラーゲンを増やす成分です。これらの成分を含む化粧品を使用しましょう。コラーゲン配合の化粧品もありますが、肌に浸透するわけではなく肌の表面を潤す役割を果たしているものに過ぎません。アンチエイジング対策として化粧品に気をつけるだけではなく、「睡眠不足」や「食生活の乱れ」、「ストレス」の解消にも十分に注意を払いましょう。

何ごとにも言えることですが、アンチエイジングにおいても過剰に期待したり、アンチエイジング化粧品・アンチエイジングサプリメントなどだけに頼りすぎるのは避けましょう。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。
アンチエイジングについてまとめてみました。
関連記事

アンチエイジング化粧品の成分や効果的な利用法について

アンチエイジング化粧品の成分や効果的な利用法について調べてみました。いつまでも若々しくありたいと思うのは誰もが願うことですが、アンチエイジングはそういう願いにかなえるために開発されているものです。 ア...

アンチエイジングには各種ビタミンが効果的です。

アンチエイジング,ビタミンA,ビタミンC,ビタミンD,ビタミンE,サプリメント,骨折,カルシウム,骨粗鬆症,抗酸化,免疫

アンチエイジングとは? 

アンチエイジング,加齢,若返り

アンチエイジングに積極的なのは?

アンチエイジング

更新履歴

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。2008年02月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。2008年02月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。2007年10月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。2007年10月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索