トップ > エステメニュー > フォトエステ > フォトエステの方法とコラーゲン〜エステサロンメニュー

フォトエステの方法とコラーゲン〜エステサロンメニュー

エステサロンメニュー「フォトエステ」のご紹介です。

「フォトエステ」とは?

フォトエステとは、お肌に有害な光が完全に除去された光(有効な光エネルギー)を肌に当てることで若返り(アンチエイジング)を行うものです。

皮膚の細胞を活性化し必要なコラーゲンを増やすために肌に張りや艶や透明感が出てきます。

光を照射することにより、肌のハリを保つために必要なコラーゲンを増やしてお肌のキメを整え、透明感のある美しい若々しい肌を手に入れることができるだけでなく、小じわ、たるみ、シミ、ソバカス、ニキビ跡、赤ら顔に有効と言われています。

コラーゲンとは?

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成する蛋白質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分です。

体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全蛋白質のほぼ30%を占める程多いのです。

また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられています。

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。
 
たんぱく質は、多くの食品にも含まれる栄養素として、その名は誰もが知っているものですが、その正体はアミノ酸が多数結合してできたものです。

そのアミノ酸には基本的に必須アミノ酸9種非必須アミノ酸11種の計20種が存在します。

その種類や数、結合の順序によって、膨大な種類のたんぱく質が生成されます。

たんぱく質の数は生体内において約10万種類も存在するといわれ、単にたんぱく質といってもこれだけ多くの種類があり、その機能も様々なのです。
 
コラーゲンとは、そのたんぱく質のなかでも代表とも言えるものであり、約10万種ある生体内のたんぱく質のうちの、実に約30%はコラーゲンが占めていますので、人間の身体にとって大きな存在であることがわかりますね。

コラーゲンは、様々な結合組織に、力学的な強度を与えるのに役立っていて、若干の弾力性もあります。

特に、腱の主成分はコラーゲン線維がきちんとすきまなく配列したもので、非常に強い力に耐えます。

腱には、筋肉が発生した引っ張り力を骨などに伝え、運動を起こす際に非常に強い力がかかります。

また、骨や軟骨の内部では、びっしりと詰め込まれたコラーゲン細線維が、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っており、衝撃で骨折などが起こることから守っています。また、皮膚の弾力性や強度に役立っている、ことから化粧品の成分として尊重されているわけです。

●フォトエステの関連先

ランバス立川店
042-523-1114
東京都立川市曙町2丁目2−25
立川駅北口から徒歩1分!
エステティックサロン,化粧品販売,ネイルサロン,ビューティーアドバイザー,リフレクソロジー

岩田皮膚科クリニック
042-492-7735
東京都清瀬市松山1丁目4−20
清瀬駅(西武池袋線)南口徒歩1分
皮膚科

セザイ皮フ科クリニック
042-551-7889
東京都福生市本町7−1
福生駅西口歩5分・福生市役所前
皮フ科・形成外科 形成外科,皮膚科

この記事のカテゴリーは「エステメニュー」です。
エステティックサロンのメニューについて調べてみました。
この記事のカテゴリーは「フォトエステ」です。
エステティックサロンメニュー「フォトエステ」のご紹介です。
関連記事

フォトエステの方法とコラーゲン〜エステサロンメニュー

フォトエステ,エステサロンメニュー,コラーゲン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。2008年02月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。2008年02月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。2007年10月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。2007年10月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索