トップ > 美白・美肌の基礎知識 > 美肌にはコラーゲン

美肌にはコラーゲン

美肌には美肌をつくる成分コラーゲンを。

真皮でのコラーゲン合成能力が若さの決め手です。真皮でのコラーゲンの合成能力が盛んであれば、表皮細胞の新陳代謝もスムーズに行われますが、働きが衰えてくると古い角質層がいつまでも表皮に残るために、肌のかさつき、くすみが出てきて老けの原因ともいえます。

からだの中のコラーゲンは、ビタミンやミネラルと違い、必要に応じて体内でアミノ酸を原料につくられます。具体的には、食事からとったタンパク質は消化酵素(ペプシンやトリプシンなど)によりアミノ酸に分解され吸収された後、いろいろな酵素の働きによってからだに必要なタンパク質へとつくり替えられます。

古いコラーゲンは新鮮なものに比べて柔軟性がなく、また繊維同士にすきまがなくなって水分も保たれにくくなるなど、いろいろな障害が起こってきます。このようにコラーゲンの分解と合成の能力のバランスが崩れること(老化)を抑えるためにサプリメントでコラーゲンを補う事が必要になります。

コラーゲンを主原料にしたサプリメントはお菓子のメーカーのイメージですが、明治製菓でもサプリメント商品を製造しています。

商品名:サプリメント アミノコラーゲン(缶入・200g)

付属のスプーン1杯でコラーゲンが1日の目安量である5,000mgも摂取することができます。しかも魚由来の低分子コラーゲンペプチド(コラーゲンを約60分の1に低分子化したもの)を採用しているので、消化・吸収性が高くなっているので無駄なく取り込むことができます。

さらに、美肌を作る3つの成分を追加コラーゲンの他に、成長ホルモンの分泌を促進させて脂肪減少効果や老化防止、新陳代謝の上昇など様々な効果がある必須アミノ酸「アルギニン」と、お肌のしっとり感を保つヒアルロン酸を作り出す「グルコサミン」、コラーゲンの形成に欠かせない「ビタミンC」を配合。より効果的に美肌を作ります。

サプリメント アミノコラーゲンは、色々な飲み物にさっと溶けるのでとても飲みやすくなっています。ホットでもアイスでもサッと溶けます。また飲み物の味をジャマしないテイストになっていますので色々な飲み物に溶かして飲むことができるので、毎日無理なく続ける事ができますね。

サプリメント アミノコラーゲンの詳細は以下のようです。

原材料名:魚コラーゲンペプチド、マルトデキストリン、植物油脂、グルコサミン、ビタミンC、香料、アルギニン、増粘剤(プルラン)、乳化剤、甘味料(スクラロース)、(原材料の一部にゼラチン、えび、乳成分、大豆を含む)
主成分(1食分7g当たり)
・コラーゲン:5000mg
・アルギニン:450mg
・ビタミンC:50mg
・グルコサミン:60mg

一度お試しになってみてはいかがでしょう?

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。
美白・美肌は女性の憧れです。美白・美肌に関する基礎知識をまとめてみました。
関連記事

25歳は肌の曲がり角と言われますが、お手当ては?

25歳は肌の曲がり角と言われますが、なにか特別なお手当てはされているでしょうか? 肌の老化は20歳を過ぎた頃から始まると言われています。しかし、肌のメカニズムをよく知り、正しいいケアをしたり、肌によい...

ハイドロキノンと美白について調べてみました。

夏は紫外線も強く美白、美肌対策には悩まされますね。美白といえば、ハイドロキノンってご存知でしょうか?おそらくまだあまり知られていないと思いますので、ハイドロキノンと美白について調べてみました。 ハイド...

コラーゲンでお肌のケアとダイエットも

コラーゲンでお肌のケアとダイエットも? コラーゲンでお肌をケアしながらダイエットしたいというよくばりさんにピッタリな商品「ダイエタリースリム グルコマンナン&コラーゲン 」と言う商品があります。 せっ...

美肌にはコラーゲン

美肌,コラーゲン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。2008年02月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。2008年02月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。2007年10月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。2007年10月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索