トップ > 美白・美肌の基礎知識 > 日焼け止めクリーム

日焼け止めクリーム

日焼け止めクリーム

日焼けは、シミ、シワにつながり、皮膚ガンの危険性もあり、肌の大敵です。

紫外線は、皮膚細胞のDNAを傷つけます。多少の傷なら修復できますが、長時間、
紫外線を浴び続けると修復が間に合わず、細胞が死んでしまったり、ガン細胞に
変異したりするため、紫外線対策は必須です。

日焼けを防ぐには、日傘や帽子、長袖で直射日光を防ぐのはもちろん、日焼け止めクリーム
などをつけるのは常識です。

人によって肌のタイプが違うため、日焼けに強い人と弱い人がいます。
自分の肌タイプを知ったうえで、外出時間に応じて、日焼け止め剤を選びましょう。


UVBを防ぐ「SPF」

「Sun Protection Factor」の略です。

主に、UVBを防ぐ効果を示します。日光を10分間浴びると肌が赤くなる人が値「10」の商品を使うと、
計算上は10倍の100分間、赤くなるのを防げる事になります。

また、30分で皮膚が赤くなる人が日焼け止めで赤くなる時間を1時間に延ばせたなら、
SPF値は2になります。

日常生活での日焼け止めは、高い数値のSPFではなくて、SPF20ぐらいまでのものを、
1日の中で、何度かに分けて使う方が、
肌への負担もすくないので、おすすめです。


UVAを防ぐ「PA」

「Protection grade of UVA」の略。UVAの防止効果を示し、「+」が多いほど、効き目が強いです。
「+」は効果がある、「++」はかなり効果がある、「+++」は非常に効果がある、を示します。

PA」は「SPF」とちがい「+」〜「+++」の三段階で表されています。

「+」が多いほど、UVAのカット力が強いということになりますが、こちらも「+」の数だけにとらわれず
日常使用するものであれば「PA+」「PA++」で十分です。

やはり、なんといっても、こまめに塗りなおすのが一番です。

一般的にUVケア商品というと、日焼け止めを連想します。

この日焼け止めには、紫外線を吸収する紫外線吸収剤を含んだものと、紫外線を反射・散乱させる紫
外線散乱剤を含んだものの2種類があります。

紫外線散乱剤を使用したもの(酸化チタン、酸化亜鉛等を含む)は、肌表面で紫外線をカットする
紫外線散乱剤を 使用していて、肌が敏感な方にはおすすめです。

もっと厳しくいうと、紫外線吸収剤を含んだものは、アレルギーを起こしやすく、発ガン性も
報告されているので、なるべくなら紫外線散乱剤を使用したものを使いましょう。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。
美白・美肌は女性の憧れです。美白・美肌に関する基礎知識をまとめてみました。
関連記事

25歳は肌の曲がり角と言われますが、お手当ては?

25歳は肌の曲がり角と言われますが、なにか特別なお手当てはされているでしょうか? 肌の老化は20歳を過ぎた頃から始まると言われています。しかし、肌のメカニズムをよく知り、正しいいケアをしたり、肌によい...

ハイドロキノンと美白について調べてみました。

夏は紫外線も強く美白、美肌対策には悩まされますね。美白といえば、ハイドロキノンってご存知でしょうか?おそらくまだあまり知られていないと思いますので、ハイドロキノンと美白について調べてみました。 ハイド...

コラーゲンでお肌のケアとダイエットも

コラーゲンでお肌のケアとダイエットも? コラーゲンでお肌をケアしながらダイエットしたいというよくばりさんにピッタリな商品「ダイエタリースリム グルコマンナン&コラーゲン 」と言う商品があります。 せっ...

美肌にはコラーゲン

美肌,コラーゲン

更新履歴

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。2008年02月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。2008年02月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。2007年10月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。2007年10月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索