トップ > エステ用語集 > マッサージ > あんま・マッサージ

あんま・マッサージ

あんま・マッサージ

あんま・マッサージとは、奈良時代に中国から伝わったあんま(按摩)と、明治時代にフランスから伝わり、紀元前のヨーロッパ・古代ギリシャ時代に生み出されたマッサージと融合し独自の発展を遂げた技法です。

あんま(按摩)とマッサージの大きな違いは、内から外に向かう遠心性(指先に向かう施術)で行い、クリームなどの薬品を使わないあんま(按摩)に対して、マッサージは、クリームやオイルなどを使い、外から内の求心性(心臓部に向かう施術)で行ないます。

昭和22年(1947年)に厚生大臣認定の国家資格になり、まとめて呼ばれるようになりました。主な効能・効果は、慢性の筋・関節リウマチ、捻挫、打撲、挫傷、筋の萎縮・浮腫、末梢神経麻痺後の筋の栄養・循環障害、瘢痕と癒着、変形の矯正、関節炎、抹消血管不全、神経痛、線維組織炎、疲労、便秘など。

あん摩、マッサージとは、さすったり、なでたり、揉んだり、押したりするなどの手技を使うことにより、恒常性維持反応を反応させて健康増進させる手技療法のことをいいます。

あんま、マッサージともに、先史時代において、外傷への対処として、患部を手でさすったりすることで痛みを和らげていたことが由来と考えられます。そのうち、按摩は、中国で起こり、日本には奈良時代に伝えられました。

対するマッサージは、紀元前の古代ギリシャ時代に医聖ヒポクラテスが提唱し、日本には、フランス経由にて明治時代に伝えられました。あん摩、マッサージともに、日本においては、国家資格となっています。あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律に基づき、あん摩マッサージ指圧師免許、または医師免許を持っていなければ、按摩、マッサージを仕事としていくことはできません。

この記事のカテゴリーは「エステ用語集」です。
エステのサービス、内容をさらによく理解するために。エステ関連の用語集をまとめてみました。
この記事のカテゴリーは「マッサージ」です。
エステの醍醐味はマッサージ施療にあります。マッサージの方法も部位別に様々です。マッサージについてまとめてみました。
関連記事

リラクゼーションマッサージとリンパマッサージについて

マッサージには、癒し効果と血行・血流をよくするものとがあります。リラクゼーションマッサージとリンパマッサージのご紹介です。 1.リラクゼーションマッサージ マッサージにはもともとリラクセーション効果が...

ヘッドマッサージとベビーマッサージについて

マッサージの効果は部位ごと、あるいは対象によっても違ってきます。「ヘッドマッサージ」「ベビーマッサージ」を取り上げてみました。 1.ヘッドマッサージ ヘッドマッサージはリンパと血液循環を促進することか...

デコルテマッサージとハワイアンロミロミマッサージについて

エステメニューのマッサージ、「デコルテマッサージ」「ハワイアンロミロミマッサージ」についてです。 1.デコルテマッサージ デコルテとはバスト上部から首、肩周辺のことを言います。くま、くすみ、むくみ、フ...

ハンドマッサージとフェイシャルマッサージ

エステの醍醐味はハンドマッサージにあります。その最高度のサービスがフェイシャルマッサージでしょう。ハンドマッサージとフェイシャルについてです。 1.ハンドマッサージ 手は第2の脳といわれ、たくさんの神...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「エステ・美容関連トピック」です。2008年02月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「アンチエイジング」です。2008年02月08日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「美白・美肌の基礎知識」です。2007年10月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「化粧品・コスメ・美容美顔器」です。2007年10月03日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索